アマチュアカメラマンがストックフォトサイトで稼ぐためのスキルアップ

最近、ネット副業を始める方が増えています。そんなネット副業の中でも、趣味の延長線上で楽しみながら稼ぐ事が出来る副業にも注目が集まっています。
そんな趣味を活かしたネット副業の代表の一つが、ストックフォトサイトでの写真販売です。このネット副業は、自分の撮影した写真をサイトのルールに従ってアップするだけで、購入されても品物を発送する必要もなく、全てネット上で完結でき、手軽に行える点がメリットです。
また写真販売と一般的に表現されますが、厳密には写真の使用権を販売しているもので、利用価値の高い写真なら、何度も購入してもらえると言う点も大きな魅力です。

しかし、ストックフォトサイトには多くのプロやセミプロが本業的に取り組んでいる人も多く、アマチュアカメラマンの写真が簡単に売れるものではありません。
それでも趣味の延長線上で行えますし、写真が売れた時にサイト側に手数料が取られる仕組みのため、費用は掛からず、リスクがないため、楽しみながら取り組めるネット副業として人気が高いのです。
ただ、せっかく始めるなら、スキルを磨いて少しでも販売増が出来る様に工夫したいものです。本記事では、アマチュアカメラマンがストックフォトサイトで売り上げ増を図るためのスキルアップ等について説明したいと思います。

ストックフォトサイトでは、写真の登録申請を行うと、サイト側の審査があり、まずこの審査をクリアーしてサイトにアップされる事が大前提です。
この審査では、一定の写真の品質が確保されていない写真や、全く需要が期待できない写真が除外されるため、これをクリアーする必要があります。
写真品質としては、手振れやピントが甘いものや、さらに青空等の部分で目立つレンズや撮像素子の汚れによる小さな影があるものが除外されます。こうした点を意識して登録申請する写真を選定し、またレンズや撮像素子の汚れを修正して申請する事が必要です。

こうしてサイトにアップされてようやく購入者の目に触れる事が可能となります。次の難関が、購入者が多くの写真の中から自分の写真を選んで、お金を支払って購入してもらうためには、ノウハウとスキルを養う事が必要です。
ノウハウ・スキルとしては、写真の基本テクニックに関するものと、テーマ選定やタグ付けと言った購入してもらうためのノウハウに関する事項に2分されます。

まず写真の基本テクニックの第1のスキルとしては、構図と写真のテクニックがあります。構図に関しては写真に興味のある方なら、いくつかの手法はご存知でしょうが、書籍やストップフォトサイトがアップしている参考記事等で、しっかりと基礎かた学び直されると良いでしょう。
また構図において、ストックフォトサイトでは商用で使用される事が多く、キャッチコピー等を書き込めるスペースを取ると言ったストックフォトサイトならではのポイントも習得されると良いでしょう。
第2の写真テクニックとしては、一眼レフカメラの特徴を活かして、絞りを深くして背景等が雑然としている場合にはテーマ以外のものをぼかすと言った事が、自由に操作できるスキルを身に着ける必要があり、こうしたスキルは写真・カメラの書籍等でしっかりと理解し、実践できるレベルにスキルアップすべきです。

次にテーマの選定ですが、タグで検索して多数アップされている写真は良く売れていると言えますが、逆にその中で自分の写真が選ばれる確率は低くなるといます。
従って、メインのタグにプラスしてサブのタグを追加するとアップ枚数が少ないものを選ぶ等、テーマ選定のノウハウを学ぶ事が大切です。これは、アップされている写真を色々と吟味したり、サイトがアップしている売れる写真とする為の色々な記事をしっかりと読み込み、自分なりの得意分野を作る事がポイントと言えます。
多くの人が撮影する機会が少ない、近くの駅前風景は不動産関係で需要が期待できますし、全国的には有名ではないものの、地元の市町村では観光スポットとして紹介しているようなスポットの風景写真もアマチュアにとっての狙い目と言えます。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です