役立つ投資競馬の情報商材の見つけ方

投資競馬で稼ぐためには勝ちパターンを見つける必要があり、勝ちパターンを見つけるためには勉強が必要です。勉強に役立つものの一つに情報商材があります。情報商材といってもさまざまなものがあり、有益なものもあれば無駄になってしまうものもあります。では、投資競馬で勝つために役立つ情報商材はどのように選んだらいいのでしょうか。

●パフォーマンスが記載されている
ただ単に「勝ちますよ」というだけでは具体的な根拠がありません。この方法を実践したらどの程度の確率で勝つことができるのか、その根拠はどこにあるのか、具体的に示されているものを選びましょう。
パフォーマンスを示すことができるのは、それだけ自信があるからです。また、結果を出せるようでないと具体的な数値を示すことはできません。
ただし、どこかから転用している場合もあるので気をつける必要があります。記載されいる内容に不安があるようなら、いくつかのサイトで調べてみるとよいでしょう。

●出所が明確になっている
記載されているデータがどこから得たものなのか明確になっているか確認してください。競馬に関する数値やデータはJRA-VANで公開されており、これ以外では一般的には公開は行われていません。どこが情報の出所なのか明確になっていない場合は怪しいので、そういったものには手を出さない方がよいでしょう。

●デメリットも謳っている
投資競馬で勝つパターンを見つけたからといって、100発100中にはなりません。投資競馬の目的は勝ち続けることではなく、生活できるようなお金を手に入れることです。そのため、投資額よりも回収額が高ければよいのです。
100発100中でないということはデメリットも存在するということです。よいことばかり伝えているのではなく、デメリットまできちんと伝えているようなら信頼感があります。

●勉強をする
情報商材を購入したら、それを使って勉強しましょう。
受験勉強の場合も、塾に入ったり、参考書や問題集を購入しただけでは、志望校に合格することはできず、勉強する必要があります。投資競馬も同じで、情報商材を購入しただけでは勝てるようにはなりません。購入したものをもとにして、勉強をして、知識を身につけていく必要があるのです。
購入すると安心してしまい、そこから勉強にまで進まないことが珍しくありません。商法商材は買ったら終わりではなく、買ってからがスタートです。コツコツと勉強をすることが大切です。